販売時説明内容

1.動物の特性及び状態の概要
  (配布説明書による)

2.飼育保管方法
(1)飼養施設、用具(準備するもの)
ア 犬小屋(屋外飼育)・ケージ・サークル等(屋内飼育)清掃等が容易で、突起物等により犬がケガをするおそれがなく、体の大きさに応じた広さを備えたものを選びましょう。
イ 首輪・リード
ウ 食器類安定感のあるものを選びましょう。
エ おもちゃ犬のストレス解消に役立ちます。おもちゃを使って、犬とコミュニケーションをとりましょう。
オ ブラシ
カ トイレ(市販のもの、新聞紙、トイレシート等)庭の一角等をトイレとする場合は不要です。
(2)清掃等定期的に清掃や消毒を行いましょう。(トイレの掃除は1日1回以上行いましょう。)
(3)環境
ア 屋外で飼う場合
・道路側など人通りの多い場所はさけ、夏は日陰になり涼しい場所に、冬は北風があたらない暖かい場所で飼いましょう。
・犬は、ひとりでいることが嫌いなので、できるだけ家族がいる近くで飼いましょう。
・鳴き声やふん尿により迷惑にならない場所を選びましょう。
・つないで飼う場合は、なるべく動きを制限しないように工夫しましょう。
イ 室内で飼う場合
・室内飼いであっても、犬専用の寝床やケージ内で寝かせる「しつけ」は犬をゆっくり休養させる上で大切です。
・犬の手入れと清掃で抜け毛で室内が不衛生にならないように注意が必要です。


3.食事と栄養管理
(1)食事の種類
・飼主の与える食事が犬の健康を左右します。犬にとって必要な栄養素をバランスよく与えることが必要です。犬は必要な栄養素が人と違います。ドッグフードを利用すれば、犬の栄養に関する知識がなくても、簡単にバランスのとれた食事を与えることができて便利です。
(2)食事の回数や量
・子犬には一日3回~5回程度、成犬には一日2回程度規則正しく適量を与えます。
(飲み水)
・新鮮な水がいつでも飲めるようにしておきましょう。
(4)注意する食べ物
・甘いお菓子や肉などの与えすぎによる肥満が様々な病気の原因になっています。おやつや食事を欲しがるがままに与えることはやめましょう。
玉ねぎ、ネギ、にんにく、硬い魚や鳥の骨、味付けの濃いものなど、中毒や下痢または肥満などの原因になるものがあります。


4.運動及び休養
・犬のストレス解消と社会性を身につけさせるため、散歩をしましょう。
・散歩は、しつけや飼主とコミュニケーションをとる良い機会にもなります。
・必要な運動量は、品種・年齢によってなどによって異なります。おおまかな目安として、小型犬で朝夕10~20分、中型犬で朝夕20~30分、大型犬で朝夕30~40分程度です。子犬や老犬には、無理をさせないでください。
・散歩は、必ずリードでつないで行ってください(放し飼いは条例で禁止されています)。
・散歩の前に自宅のトイレで排せつさせ、「散歩中に排せつさせないしつけ」をしましょう。

5.しつけ、手入れ
・周囲に迷惑をかけないように、飼育場所や飼主のライフスタイルにあわせて飼いやすくするためにしつけをしましょう。
・手入れ
爪 :爪が伸びすぎると、ひっかけて折るなどしてケガの原因になるので注意してください。
耳 :健康な犬の耳垢は、少量でほとんど臭いません。臭いがきつかったり、耳垢が異常に多い場合は獣医師に相談が必要です。
歯 :指にガーゼなどをまいて歯と歯肉をこすってあげてください。犬用の歯ブラシを使用するのも良い方法です。奥歯の外側が歯石がつきやすいので注意が必要です。歯石を放置すると、歯肉炎や歯槽膿漏に進行し、口臭の原因にもなります。犬用ガムなど硬いものをかじらせることでも歯磨きの効果があります。

6.病気、不妊・去勢措置等
・犬の感染症の中には、一度発症すると命にかかわる危険な病気もあります。こうした感染症を防ぐため、ワクチン接種や予防薬の服用が効果的です。感染症は予防が肝心です。検便(寄生虫検査)も定期的に実施することをお勧めします。
・法に基づいて定められた「家庭動物等の飼養又は保管に関する基準」では、自らの責任において終生飼養又は確実に譲渡が可能である場合を除いて、原則として不妊去勢等の繁殖制限措置をとるよう努めるべきとしています。また、オス・メスともに次のようなメリットがあるので、繁殖を望まないときは不妊手術(数万円)又は去勢手術(数千円~数万円)を実施しましょう。

7.関連法令
動物の愛護及び管理に関する法律
・狂犬病予防法
次の規制を遵守することが定められています。
(1)犬を取得した日から30日以内(犬が生後90日以内の場合は、生後90日を経過した日から30日以内)に登録を行うこと。
(2)生後91日以上の犬には、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせること。
(3)鑑札・注射済票を犬に付けておくこと。
(4)犬が死亡したとき、登録内容に変
特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律
鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律

※参考資料:環境省 ペット動物販売業者用説明マニュアル(哺乳類)